トラブルシューティング履歴が多くのディスク領域を占領している(Windows10)とシステムメンテナンス画面に出たときの解決策

システムメンテナンス PC操作に関する解決

Window10を使っていますが、最近OSが不安定になるようになって、久々に【パソコンが固まる】という現象が続いています。

もともとCドラの容量が少なくなっているせいもあるようですが、画面の右側に突如現れる「通知」(アクションセンター)で「システムメンテナンス」が出て、クリックすると「見つかった問題:トラブルシューティング履歴が多くのディスク領域を占有している 未解決」と、このような画面が表示されますが、特に対応策は出ず、「じゃあ、どうしたらいいのさ?」状態になりました。

システムメンテナンス

トラブルシューティング履歴はどうやら自分で削除しないといけないらしい

このような画面が出ても、対応策は書かれておらず、調べましたらどうやら自分で削除しなければならないようです。

そもそもトラブルシューティング履歴とは、このような画面が出るときのログ。
それ自体の履歴が積もってトラブルを起こしているのだから本末転倒な気がします^^;

そもそも、トラブルシューティング履歴は以下の場所にあるとのこと。

管理者のトラブルシューティング履歴
フォルダー名: C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\elevateddiagnostics
ユーザーのトラブルシューティング履歴ログ
フォルダー名: C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\diagnostics

いづれも中を確認しましたら更新日時が古いものだったので、いらないと判断して削除してみました。

これで様子をみたいと思います!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました