0446704544 0345209694 はウィルス感染詐欺!!偽マイクロソフトページに騙されないで!

ウィルス詐欺ページ PC操作に関する解決

ウィルス感染詐欺ページが表示されました。

とあるページを読んでいて、リンクの一覧をたどっていたら、いきなり下のような画面が表示されました。(エロいのでもなんでもなく、ネットショップ系のブログです)

ウィルス詐欺ページ

なんの前触れもなく、いきなり表示されたんでびっくりしました。

これはウィルス詐欺ページです

慌てることなかれ!これはウィルス詐欺ページです。

パソコンやインターネットに詳しくない人がいきなり見たら驚いてしまいますよね。

これは、あなたのパソコンのセキュリティーがおかしい?からエラーになりましたよ、こちらに電話くださいね⇒04-4670-4544 (03-4520-9694 バージョンも発見)となっていますが、全くの詐欺です。

ここに電話すると、助けたふりしてお金を請求されるんだと思います。

04-4670-4544に電話しちゃダメよ
03-4520-9694 バージョンも発見

ページをどうやって閉じようか

上の画像を見るとお分かりになると思いますが「確認ダイアログ設定」というのが表示されています。

「このページによる追加のダイアログ表示を抑止する」というものです。

これを「OK」とするとなぜか「印刷」画面が出ます(笑)

だた、各ダイアログで「キャンセル」をしても、ダイアログが消えないので画面自体を消すことができないのですよ。

※消そうとすると警告音が鳴ります。

私の場合はfirefoxで開いていました。

他にもページを開いていたので、Firefox自体を終了するのではなく、この警告ページだけ閉じたいのです。

なぜなら、firefoxではタブで複数のページを開いており、一度閉じると復元するのが面倒なのです。
(Tab session managerというアドオンで復活もできますが)

ちなみにブラウザ自体を強制終了するには、タスクバーを右クリックして(またはパソコンキーボードの「Ctrl」「Shift」「Esc」の3つを同時に押す)「タスクマネージャー」を開き、終了させるブラウザを選択して「タスクの終了」をすればOKです。

win10をお使いの方は、タスクバーにマウスを充てて右クリック→「タスクマネージャー」を開きます。

さて、この詐欺ページだけ消す方法です。
 
1.まず、他の閉じても良いページを閉じます。
2.上記のインフォメーション記載の方法で「タスクマネージャー」を開きます。
もし、「簡易表示」になっていたら、「詳細」に切り替えます。
タスクマネージャー画面
3.すると現在稼働中のアプリなどが一覧表示されるので、閉じたいブラウザの>マークをクリックし展開して、怪しそうな項目を右クリックして「タスクの終了」をしていきます。
タスクの終了
ただ、どれを終了すればよいか判断が難しいところなので、一つ一つ試していきます。
これで、閉じられればOKです。

もし、閉じられない場合、もしくは再度ブラウザを立ち上げた際に復活してしまう場合

「タスクの終了」を繰り返しても消せない場合

 
この場合は、やはりブラウザアプリ自体を終了する必要があります。
今回の例ですと、Firefox自体を終了する、ということになります。
 
下記のように、タスクマネージャーで【展開したリスト】から選ぶのではなく、一番上の「Firefox(8)」を選ぶということですね。
 
タスクの終了2
すると、Firefox自体が終了するので、強制的に詐欺ページも閉じることになります。
ただし、残しておきたかったタブなんかも強制的に閉じられてしまいます。
Firefoxで、どうしてもタブを残したい場合は、上記をする前にアドオンの「tab session maneger」を入れてから試すと復活できるはずです。
 

再度Firefoxで開くと、詐欺ページも復活してしまう場合

一旦閉じられてほっとしたところで、再度ブラウザを立ち上げると、またまた詐欺ページをも復活してしまう場合があります。
これでは、この戦いが繰り返されてしまいます
こうなる場合は、おそらく、【ブラウザ自体の設定】で「前回のセッションを復元する」という設定になっている可能性がありますので、ブラウザのオプション設定などを見直してみてください。
Firefoxの場合は、ツール→オプション→一般 の「起動」のところにあります。
firefoxのオプション
また、詐欺ページと残しておきたいページが同ウィンドウになっていた場合は、タブ部分をスライドして、別ウィンドウに分けてください。
その上で、ブラウザを強制終了してください。
 
次回起動した際は、真っ白のページになると思いますが、どうしても復活させたいタブはアドオンの「tab session maneger」(インストールされていることを前提に)からか、ブラウザの履歴から復活させてください。
 
どちらにしても、不意打ちに表示させて困らせるこのような詐欺ページ。
電話をかけたりしないように注意しましょう!
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました