アマゾンの詐欺迷惑メールの見分け方【実例】

迷惑メール 生活に関する解決

アマゾンや楽天を語って詐欺メールが増えています。
以前からこの手のスパムメールはありましたが、最近は手口が巧妙ですし、一見見分けがつきません

またコロナ禍で通信販売を利用する人が増え、騙されてしまう人も増えてきています。

このような迷惑メールは何がしたいか?というと、メール内のリンク先をクリックさせてクレジットカードや個人情報を入手したり、変な画面へ推移させたり、スパムソフトをインストールさせたりする悪い奴です。

ここでは、実際にわたくしのメールボックスに届くアマゾンや楽天市場を語った迷惑メールの見分け方を実例と共に検証していきたいと思います。

迷惑メールトレイ

まず、「迷惑メール」はどこに届く?と言えば、お使いのメーラー等にも寄ります。
中にはどこにも振り分けず、受信トレイに全て入ってしまう場合もあります。

私の場合はGmailを主に使っていますが、「受信トレイ」とは別に迷惑メール(スパムメール)と自動で判断してくれて振り分けてくれています。

メイン画面の左メニューにある「迷惑メール」フォルダです。

ここに振り分けたのは、Gmail側が【これは迷惑メールっぽいよ!】と判断したものが入っていて、そのまま放ったらかしすれば、30日後に自動で削除されます。

でも、全てが迷惑メールか?といえば、迷惑メールではない通常のメールもたまに振り分けている場合もあるので・・これが困りものです^^;迷惑メール

アマゾンの詐欺メールの特徴と見分け方

「迷惑メールフォルダ」を開くと、あるわあるわ・・迷惑メールがたくさん届いています。

amazonになり切った詐欺メールだけ絞ってみると・・

アマゾンスパムメール

わわわ。。こんなにあります^^;

しかも、楽天市場という送信名なのにタイトルが「Amazon」になっているものもあります(笑)

タイトルや送信者名にAmazonが入っていると本物か?と勘違いしてしまいますが、騙されてはいけません!

まず、開くとGmailの場合は、このような注意喚起文を表示してくれますので、こちらも身構えることができます。

このメールにはご注意ください

Amazonメールの送信元を検証する

まず、このメールを検証しますと、

送信元のメールアドレスは「Amazon.co.jp account-update@amazon.co.jp

です。

送信元のメールアドレスで詐欺だと判断できる場合もありますが、ここは表示上サギれるので送信元のメールアドレスだけでは判断できません。

Amazon詐欺メールのタイトルは検証する

メールのタイトルは 【Amazon】注文住所変更をご確認ください  です。

注文住所変更???・・・ちょっと日本語が変ですね^^;

Amazon詐欺メールの本文を検証する

ご注文の住所に誤りがあり、商品が届かないか、ログインして、注文内容や受注設定をご確認ください。 このメールを 3 日以内に処理してください。そうしないと、注文がキャンセルされる場合があります。

[注文番号] 481231-20210608-268
[注文受付日時] 2021/06/08

注文受付日時が受信日に近いので騙されそうになりますが、この辺はいくらでも操作できますからね。それより本文、「そうしないと、」という文章のつなぎあたりが、ニセモノ感満載です。

次に出てくる文章。ここはクリックされないように画像にしますが、URLを打って開いたりしないようにご注意ください。

AmazonURL

↑よく見てみますと・・amazon ⇒ amoazom になっているの・・分かりますか?

アモアゾム???

そんな入力間違いみたいなこと、公式がしますか?

大体詐欺メールはこのようにどこかおかしなことが残されていますので、中身をよーーくみて精査してください。

また、安易にクリックしないように注意です。

最近、本当にアマゾンで注文したか?記載されている綴りはおかしくないか、不自然な日本語になっていないか、十分に注意してください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました